英語の勉強の大切さについて

そういえば、最近英語教育の改革・強化について話題になっていますね。

グローバル化に対応するため、小学校英語の教科化が行われることになり、

それに伴い「評価」もされるようになりました。今までは「英語に親しむ」ことが目的でしたが、これからは「英語力の強化」が目的になるですね。

といっても、実際の実施は2020年から。まだそれほど緊張する必要もありません。

しかし!

大学入試での英語重視はとっくに始まっています。大学受験だけでなく、就職の時にももちろん英語力は評価されます。

大学受験の時は推薦入試やAO入試の条件としてTOEICやTOEFLが設定されることもありますし、某企業は社内公用語を英語にして、TOEICで~点以上獲得せよ!などと指令も出していましたね。

それでは「高校に入ったら大学受験の勉強も兼ねて英語頑張ろう!」という人もいるかもしれませんが、個人的にはお勧めしません。上司の塾長にもよく言われますが、高校に入ってから英語を頑張るというのはそれほど簡単ではありません。高校で英語力が伸びた人のほとんどは中学校の時からある程度英語ができたようです。

やはり、中学生の時にしっかり英語を勉強しておくことが必要なようですね。

ちなみに私が勤めているうちの塾は英語の素晴らしい先生がおり、友人はここで上智大学の外国語学部に合格しました。
西葛西の塾 斉学舎という塾です。

一度HPを見てみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>