過去問のやりかた

よくヤフー知恵袋などで目にするのですが・・・

Q、「受験勉強はどうやってやればいいのですか?」

A、「過去問買って何回も解きな!」

このような問答です。

このように言われても最初から解けるのかな、といつも思います。

正直、受験勉強の最初を過去問からするのはお勧めしません。過去問とは、それまでの総復習をすべて終え、全範囲に目を通し終わった後で、総まとめとして取り組むべきです。そして、総復習ができていない・全範囲目を通し終わっていない段階で、受験直前の過去問をやらなければならない時期(11,12月?)を迎えてしまった時点ですでに受験失敗だと思います。

私の塾では、中3は夏休み終了までに英数は全範囲を学習し終わり、その後はひたすら過去問をやります。その程度のスピードで進めない限り、受験で成功は出来ません。

これが大学受験ならなおさらで、レベルの高い大学を受験するなら、高2終了まで全英文法は終わっており、高3は過去問の長文ばかり、という状態にもっていきたいですね。私はまだ新人ですが、自分の経験を活かし、皆が受験で失敗しないよう早め早めに手を打っていこうと思います。

田端のサポート校 志学みらい高等学院

今私がバイトしている斉学舎の斉藤先生には、お師匠的な存在がいるそうです。

田端にある学習塾の志学ゼミの塾長 阿部先生という方なのですが、
この先生がかなりのツワモノなんだそうです。

斉学舎や志学ゼミのような個人塾には、毎年色々な事情を抱えた中学生・高校生が相談に訪れます。勉強面だけでなく、生活面においても、です。

いじめや不登校で学校に通えなくなってしまった生徒や、学校の先生と問題を起こして高校に通えなかったなど、さまざまな生徒がいます。

ふつう大手塾では、このような生徒の面倒は見ません。時間と手間ばかりかかってお金にならないからです。しかし、逆に個人塾はそういった相談に答えることが存在意義だ!と考える場合もあるのです。

その極みともいえることを志学ゼミの阿部先生が実行したそうです。

通信制高校への通学をサポートする高校
「志学みらい高等学院」の開校です。

しかも、他校の三分の一程度の授業料!

斉学舎の斉藤塾長も同じような考えは持っていますが、まさかここまでやるとは思わなかったそうです。今後、不登校などの相談があったら、信頼できる紹介先ができたと喜んでいました。

サポート校をお探しの方は志学みらい高等学院のHPをご覧になって下さい。

最近思った事

塾講師としてバイトするようになってから、本屋に行くことが増えました。

もちろん、一番の目的は参考書を買うためなのですが、そこで困ったことがあります。

第一に、本屋そのものの数が減ってきたこと!

第二に、本屋に行っても参考書が置いていないことが増えたこと!

私は葛飾区に住んでいるのですが、所謂町の本屋さんはどんどん減ってきてしまい、

名の知れた大手の本屋ばかりになってきています。

もちろん、大手の本屋の方が品ぞろえが良いのですが、、、

近所にないのです!正確に言うと、私がいつも通る道沿いには!

以前は自宅に帰る途中で買うことができたのですが、最近は遠回りして本屋に行く状態です。

微妙に面倒なんです・・・

私の友人たちは買う本のほとんどをアマゾンで買うようになったと話していました。

確かにアマゾンは品揃えはいくらでもあるし、すぐに届けてくれるので便利なのですが、

自分で手に取って読み比べるということができないのが一番のネックですね。

そう考えると、自分はまだアナログ人間だなと実感します。この前教えた生徒なんて、小3なのにスマホを操っていましたから、、、

というわけで、今日はこれから池袋のジュンク堂に行ってきます。

流石にあそこに置いてないということはないだろう!

体系数学とニューマイスター

私立中学校や高校で使う数学のテキストで、「体系数学」と「ニューマイスター」というものがあります。

先日、「今度教えてもらう生徒がこれ使っているから、予習しておきな」と斉藤先生に言われ、昨日一日中見てたのですが・・・

なかなか良いです!このテキスト!

特にニューマイスターは初めて見ましたが、かなりの応用問題まで載っていて歯ごたえがあります。自分がこれを中学生の時に全てやれと言われたら無理だったと思います。このテキスト、国府台女子中学や九段中学で使っているとのことでした。

特に九段中学ではかなり進度が早いようで、中2のうちに既に中3の範囲をやっていました。この進度について行くのは至難だと思いましたね。

ただ、逆に不安になったのは他の中学校との格差ですね。同じ中2でも、地元の公立中学校では、ちょうど合同の証明をやっているところで、九段中学校の生徒からすれば赤ちゃんのような問題で皆苦戦しています。将来、この生徒たちが「大学受験」という同じ土俵で戦うことになると考えると、今後が不安になります。

もう少しすると私も研修が空け、生徒を直接見ることになると思います。生徒たちの将来を考え、同じ土俵で戦っても勝負になるよう、徹底的に仕込む予定です!

私の塾の紹介

今回は少し時間ができたので、私の塾の紹介をしたいと思います。

私の塾は「葛西の学び舎 斉学舎」といって、

東京の江戸川区 葛西・西葛西・清新町・宇喜田町エリアで中学受験や高校受験・大学受験の対策を行う進学塾です。

まだできてから2年もたたない新しい塾です。

ただ、私は塾長の斉藤先生とはもう長い付き合いで、高校受験(中2)の頃からお世話になっています。実は私の兄も斉藤先生に教わりました。前の塾からの付き合いです。
私たちが高3になる時、前の塾がつぶれてしまいました。私たちはこれから受験本番という時に放り出されてしまう所でしたが、斉藤先生が新しく斉学舎を作ってくれたおかげで勉強を続けることができ、大学も第一志望に合格することができました。

私が直接教えてもらった先生も、斉藤先生の教え子でした。教え子がまた自分の後輩をどんどん育てていくという、良い循環ができていると思います。

斉藤先生にも、もちろん他の先生にもとてもお世話になったので、今度は私が自分の後輩にその恩を返すつもりです。

斉学舎の授業も少しずつ変化(進化)していまして、以前よりも徹底した「くり返し学習」を行うようになっていました。私は塾のワークを使って何度も同じ範囲を学習していましたが、今の斉学舎は各中学校で配布されるワークを使って学習をするようです。授業では学校の教科書や塾ワークを使用し、その後の宿題が学校ワークから出るそうです。学校のワークを先にやっておけば、テストの時の課題提出が楽になるので良いシステムだな、と思います。

また、中学生の実力も上がっていました。かなり多くの生徒が80点以上の高得点を取っているようです。大手塾のように優秀な生徒が集まる塾ではないので、かなりすごくなったな、と思います。

西葛西の塾 斉学舎に通う生徒の成績・テスト結果はこちらをご覧ください。

中学生といっても舐めてはいかん・・・

こんにちは。tatsuhikoです。

眠いです。昨日は夜遅くまで勉強していたので・・・

大学の勉強もありますが、実はそれ以上に中学校の範囲を勉強していました。

なぜなら、今日これから塾の授業で講師(まだ手伝いだけですが)をするからです。メインで授業をするのは塾長の斉藤先生。

今日は中1と中2の数学。範囲は中1が空間図形と方程式、中2が合同の証明です。

最初は「中学生の勉強なんて楽勝だ」と考えていたら、斉藤先生に「解けるのと解説できるのは違う!」と叱られてしまいました。例えば、方程式の移項を教えるにも、四つの等式の性質をまずは把握させなければならず、それを教えられない者に講師の資格はない、とのお叱り。

中学生相手だとタカをくくっていた自分を恥じました。というわけで、

これはまずい!!

と夜遅くまで勉強した次第です。これから斉藤先生に報告に行きます。どんなことを言われるか少し不安ですが、頑張ります!

高校受験生

昨日は、12月からアルバイトをする塾(自分が昔通っていました)に、研修がてらお手伝いに行ってきました。

塾長先生からは、「自分の中2数学の授業を手伝って」と言われていたのですが、先生が授業の半分くらいを高校受験生としての意識の大切さ、などの受験の話をされた結果、私の出番はほとんどありませんでした(苦笑)

といっても、そういった受験についての話は絶対に必要なものですし、全然かまいませんがね。どちらかというと、自分の昔を思い出して懐かしかったです。私もあんなに幼い感じだったのでしょうか。もう少し真面目に授業を受けるべきでしたね・・・

まあ、塾長先生のおかげで高校受験も大学受験も成功している身なので、どうということはありません。

今の塾生のみんなも、先生の話をよく聞いて、しっかりとした受験生になってほしいものです。

私もガンバリマス!

英語検定準2級

私が今度勤務する予定の塾(昔私が通っていた塾でもあります)で、なかなか凄い中学生がいました。

彼はどちらかというと文系の人間のようで、数学は平均点くらいしか取れません。

しかし、英語や国語、社会はかなり出来ており、特に英語はまだ3年の範囲を教えていないのに英検3級の過去問を「自分から」やってみせ、しかも合格点を取っているようです。
さらに・・・!3級は簡単すぎるから今度の2月は準2級を受ける!!と言いだしました!

ちょうど研修で私はその場にいたのですが、思わず話に加わってしまいました。

塾長もさすがにきついだろう、とは言っていましたが、もしできたらすごいということで、過去問を早速手配していました。恥ずかしい話、私が準2級を取ったのは高校2年生になった時です。

それを中学生(しかも2年生!)でとってしまおうというのですから、大したものです。

是非彼にはこの調子で頑張ってほしいものですね。

中学生の英語勉強

こんにちは。tatsuhikoです。

皆さんは、中学生の時どのように英語を勉強していましたか?

塾の講師をやることになった今、昔のことを思い返しているのですが、

「勉強しなくてごめんなさい!」

というセリフが思いつくばかりです(汗)

小学生の時の勉強のやり方が染みついていたのか、「ワークに目を通しておこう」位でしか勉強していませんでした。今にして思うと冷や汗ものですね。良く試験で点数が取れたものです。というより高校受験を突破できたのが奇跡ですね。

もちろん、3年生になってからはまともに勉強していましたが、その時も試行錯誤といったところでした。

そんな私からの忠告とオススメ。

中3に入る前、少なくとも2年の後半ごろから「受験生」として勉強を始めるべきです。

例えば「出る順英熟語ターゲット380」などを利用して語彙力をつけることなどオススメです。
学校のワークなどで単語練習はさせられますが、意外と英熟語に関しては後手後手に回りがち。単語練習といっしょに少し混ざってるくらい。本格的にはやりません。

このターゲットで熟語を勉強しつつ、簡単でもいいので英語長文を一日1題、辞書を片手に読むなどはどうでしょう。将来の大学受験の時にも役立ちます。

テスト前以外、「勉強!」ということをしたことの無い中学生のみんな。頑張って下さい!
今やっておくと後が違いますよ!

現在勉強中・・・

久しぶりに中学生の範囲を勉強中です。

もちろん、知っている内容ばかりですが、どの範囲を何年のいつごろやるかなど全く覚えていないので。

まさか、中2にむかって三平方の定理使ったりなどは出来ませんし。

それもこれも、恩師の塾でバイトすることになったからです!やっぱり緊張しますね。

しかし、改めて教科書を見ると、以前と比べて分厚くなっていますね。私たちの時は調度ゆとり教育の真っただ中だったので、薄い内容でした。

それに比べ、随分内容も難しくなっているような気がします。しかも、今大学でやっているような範囲(資料の散らばりと代表値)が盛り込まれていたり、今の中学生は大変ですね(苦笑)

先生も、最初は見習いだからじっくり学べとおっしゃっていたので、出来るだけ頑張っていこうと思います。

もう少ししたら、このブログで塾のことについても語っていこうと思います。

もちろん、読んでいる人少ないだろうからあまり宣伝にならないかもしれませんが・・・

 

それでは、また次回。